カテゴリー: 未分類

任意整理の支払いにかかる年数について

任意整理の支払いにかかる年数は、原則として3年になっているようです。しかし、任意整理は債務者と金融機関との合意で結ぶ和解契約なので、法律に反していなければどのような内容でもかまいません。返済期間を2年と設定したり、5年以上と設定したりすることも、お互いの同意があれば、自由です。しかし、金融機関からすれば、利息がゼロになっているので、なるべく早く債権を回収したいと思うでしょう。3年よりも短くすることは容易だと思われますが、年数を長く希望するほど、交渉が難しくなることでしょう。

しかし、実行できない和解契約を結んだところで、意味がありません。きちんと返済できるように、和解契約をまとめましょう。3年で返済をすることが無理だと感じているなら、遠慮なく5年以上に期間を設定してもらいましょう。任意整理をした後の返済で延滞を続けてしまうと、せっかく結んだ和解契約が台無しになり、結局自己破産をすることになるかもしれません。自己破産をすることになれば、任意整理のためにかけた時間や任意整理費用が無駄になり、お互いにとって損失となります。

結論として、任意整理の支払いにかかる年数は、3年となることが多いですが、余裕を持って返済ができるだけの期間を設定することが重要です。もしも難しいと感じられるなら、最初から自己破産や個人再生をしておいたほうが、無駄な時間をかけなくてすみます。素人では判断が難しい問題なので、弁護士などと相談をしながら決めましょう。